別荘等の遠隔地の郵便ポスト内監視システムを構築

2016年12月16日
By

別荘等の遠隔地の郵便ポスト内監視システムを構築img_1642-3.jpg

(郵便ポスト内部の監視映像)

ソーラー大家です。

 

太陽光とは関係ない話です。

秋のメンテナンスの時期が終わり時間がありましたので、新しい研究開発をしています。

前々から別荘等の遠隔地の郵便ポストに何かが届いたかどうか知りたいと思っていましたが、既製品で該当するものがなく困っていました。

 

そこで、ネットワークカメラとモバイルルーターを組み合わせて別荘等の遠隔地の郵便ポスト内監視システムを構築しました。

 

郵便ポストに投函があった場合のみ自動で通知される仕組みになっており、かつ通知と同時に自動で録画されるため通知時の録画映像を確認することで何通か同時に投函された場合にもわかる仕組みとなっております。

投函時のみ自動で通知されるため誰かが映像を定期的に確認する必要はありません

 

最近は格安の通信専用SIMがあるため、月々の運営費用は電気代と通信費合わせても500円程度と安価に構築できました。

監視カメラの増設も容易なため、郵便ポスト内に限らず、複数の箇所を同時に監視することも可能です。

 

今回は国内で構築しましたが、海外でも同様のシステムの構築は可能なため、海外の別荘等の遠隔地であっても監視が可能です。

 

しばらくは安定的に稼働するかの確認期間となりますので、安定的に稼働するかやトラブルがあった時に遠隔で解決できるか等を確認していく予定です。


Tags: ,

One Response to 別荘等の遠隔地の郵便ポスト内監視システムを構築

  1. 匿名希望
    2017年12月8日 at 8:49 PM

    ソ-ラ-大家様に問い合わせです。私も栃木のソ-ラ-システムを母屋の防犯カメラ+デジタルレコ-ダ-で監視しWiFiを使って東京の自宅で見えるようにしています。しかし点在するソ-ラ-全てをケーブルで母屋に集約するのは無理があり離れた場所のは個別に飛ばして自宅で見えるようにしたいと思っています。WiFiは通信費を月額4000円弱払っていますが、お書きになった格安の通信SIMとはどういうものですか。具体的なデジタルレコ-ダ-との接続方法やメ-カ-を教えて頂けないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA