一般的に太陽光の連系までには少なくとも4〜6ヶ月は掛かります

2014年4月11日
By

一般的に太陽光の連系までには少なくとも4〜6ヶ月は掛かりますソーラー大家です。

 

よく、どうしたら電力会社との連系までの期間を短くできますかといった問い合わせがソーラー大家に寄せられますが、前提として一般的にどれくらいかかるのかをお伝えしておいた方がいいかと思います。

 

まず、通常でも少なくとも太陽光の連系までには4〜6ヶ月程度はかかるものです。

 

かつ、年度末のように大量の申込みがあった時期は、当然通常より時間がかかりますので、場合によっては半年を超える程の時間がかかってもおかしくはありません。

 

もちろんケースによっては、電気屋さんが事前にしっかりと協議をしていて本申込みから3ヶ月程度で連系できるケースもあるかと思いますが、連系には時間がかかるのが普通ですのでまずはこの点ご理解ください。

 

また、電力会社は通常電気工事士の資格を有する電気屋さんを介して技術的な話をします。

もし、申込者ご本人が電気工事士の方と同等の知識をお持ちであれば別ですが、そうではない場合には、一度お願いすると決めた太陽光の業者さんにおまかせするのがいいかと思います。

 

電力会社の回答待ちの状況では、いくら太陽光の業者さんに問い合わせても同じ回答しかできないということを理解してあげるのも大切かと思います。



Tags: , ,

One Response to 一般的に太陽光の連系までには少なくとも4〜6ヶ月は掛かります

  1. 川村英夫
    2014年4月12日 at 6:05 PM

    複数台連係もみなし高圧なので、申込して回答来るのが3ヶ月は掛かります。そこから見積もり、金額決まって払っても工事するまでに半年くらいかかってしまいますね。
    金額がべらぼうな値段だとそこで終わりです。逆潮流有りの場合、対策工事はいつかはやってくれますが、いつやってくれるのか分かりません。1年先か2年先か?
    こんな状態で事業継続出来る体力がないとなかなか厳しいと思います。土地を買ったとか、融資を受けていたなんてことになったら大変です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA