【重要】平成27年4月から調達価格は接続時から接続契約時に変更について

2014年12月19日
By

【重要】平成27年4月から調達価格は接続時から接続契約時に変更についてソーラー大家です。

 

新聞等でも取り上げられていますが、12月18日に経済産業省より再生可能エネルギーの固定価格買取制度の見直しについて発表がありました。

http://www.meti.go.jp/press/2014/12/20141218001/20141218001.html

 

変更箇所は多岐にわたりますので詳しくは直接ご自身でご確認くださればと思います。

この中で既存の申込者に影響を与える可能性がある文言があったため資源エネルギー庁に直接確認しました。

 

「6.固定価格買取制度の運用見直し

国民負担を抑制しつつ、再生可能エネルギー発電事業の健全かつ円滑な実施を図ることができるよう、以下のとおり、制度の運用を見直す。

(1)太陽光発電に適用される調達価格の適正化

①調達価格の決定時期について、「接続申込時」から「接続契約時」に変更する(※)。

(ただし、電力会社側の理由で、接続申込から270日を経過しても接続契約の締結に至っていない旨の電力会社からの証明書があれば、当該期間が経過した時点(接続申込の翌日から270日後の日)の 調達価格を適用する。)
【告示改正事項。平成27年4月から適用予定】

※現行制度では「設備認定」と「接続申込」のいずれか遅い方が行われた時点の調達価格を適用することとしているところ、この「接続申込」を「接続契約」に変更するもの。 」

(「再生可能エネルギーの最大限導入に向けた固定価格買取制度の運用見直し等について」より抜粋)

 

上記について、既存の案件で平成27年4月以降に売電開始するものにも影響があるかのように読めたため、直接資源エネルギー庁の担当者に確認したところ、「既に申込済みの案件は調達価格は確定しており関係ありません。平成27年4月以降の申込み分から変更するものです。」との回答を受けました。

 

今回の発表については大きく取り上げられているかと思いますが、軽微変更関連を除けば既存の案件には影響がないものが多いため一安心しました。

大変重要な発表内容のため、ニュース等の内容で判断するのではなく直接原文を確認されることを強くお勧めします。



Tags: , ,

4 Responses to 【重要】平成27年4月から調達価格は接続時から接続契約時に変更について

  1. 川村英夫
    2014年12月21日 at 7:35 AM

    おはようございます。
    先行者利益の早い者勝ちで決着ですね。
    買取価格も引き下げられますので、
    新規に関しては厳しいと思います。
    ソーラーバブルは終了と感じています。
    空押さえ案件潰しによって、半分くらいは取りやめになるのではないでしょうか?

  2. 滝川
    2015年1月17日 at 6:42 AM

    経済産業省からの発表資料では名義変更した場合の買取価格の変更について記載がなかったように思ったのですが、連系の前後にかかわらず名義変更しても買い取り価格は変わらないのでしょうか?

    現状は個人名義(連系前)なのですが、今後法人成りした場合を想定しています。
    連系前に名義変更するか後にするかは決まっていません。

    よろしくお願いします。

  3. 通りすがり
    2015年1月22日 at 8:54 PM

    > 滝川さん
    名義変更は軽微変更のままなので買取価格に変更はないです。
    設備認定後のパネルのメーカー、型番の変更は軽微変更→変更認定となったので、2/1以降に自己都合で設備構成を変更すると変更認定時点の買取価格に変更されてしまいます。(買取価格は下がります)

  4. 滝川
    2015年2月1日 at 9:39 PM

    >通りすがりさん
    お返事ありがとうございます。
    私も念のため確認してみたのですが、やはり通りすがりさんのおっしゃるとおり連系の有無を問わず軽微変更になるため買取価格に影響はないということでした。
    買取価格を心配せずに法人成りの検討ができそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA